🕔 10年後も健康で美しくあるために‼️

 

皆様、いかがお過ごしでしょうか?
美活部の安喜です✋😀

体の中からも綺麗を目指す

今日は美活部 一押し❗️ スーパーフード『かつお節』についてのお話しです♡

「え〜、かつお節がどうしてスーパーフードなの?」なんて、思いませんでした?

かつお節について少し説明していきますね。

かつお節と聞いて頭に浮かぶのは、削ってパックに入った、削り節ですよね。

その削り節には、荒節を削ったものと、本枯れ節を削ったものがあります。荒節とは、鰹を茹でて、煙と熱によって水分を飛ばす作業(焙乾)により、20日間程で出来上がります。

一方、本枯れ節とは、荒節を削って裸節にして、カビ付けと天日干しを数回繰り返し、半年ほどかけて4番カビまで付けたものだけが名乗れる最高級品の名称です。本枯れ節は、発酵食品でもあります‼️ 

お値段は荒節の約3倍!
丁寧に愛情が育まれていますものね(^_-)-☆

ネット上で、本枯れ節の方が栄養成分がたくさん入っているような記事が多かったので、本場のかつお節製造販売元へ電話して教えていただきました。📞

とても丁寧にお答え頂きました。

「荒節と、本枯れ節の栄養価はほとんど変わりません。出汁を取った時の、香りが違います。荒節は、力強い香り。本枯れ節は、上品で穏やかな香りで、コクと、旨味があります。」との事でした。

気になったので、両方の削り節を取り寄せて、比べてみました。
(「美活部安喜」美オタクなんで!!)

教えていただいた通り、荒節は香りが強く、黄金色の出汁がとれます。
そして、出汁の香りが幸せを感じる、美味しいお味噌汁が作れました。
お豆腐のような淡白な味の具との相性が良いですよ。

一方、本枯れ節でとった出汁は、確かに上品で穏やかな香りなので、お味噌に負けてしまう感じです。
お澄ましや、煮浸し、若竹煮などにはピッタリで、料亭の味が自宅で作れますよ。

かつお節の旨味成分イノシン酸は、グルタミン酸(昆布など)と一緒に使うことで、旨味が7倍もアップするそうですよ♪

両方の削り節を、そのまま食べ比べてみました。

本枯れ節の圧勝ですね。魚臭さが全くなく、コクがあって旨味を感じます。
そのままでも味がしっかりあるので、減塩したい方にGOOD‼️

🌟1日に小袋(約3g)1袋食べれば、1日に必要な必須アミノ酸量を満たせます。

【かつお節で体の中からエイジングケア】

かつお節に含まれる主な栄養素を、大きく4つに分類してみました。

①タンパク質とタンパク質を構成する最小単位であるアミノ酸、そのアミノ酸のうち、人の体内では作る事が出来ないので、食事から取らなければならない、必須アミノ酸を9種類全て含んでいます。

②脂肪とその主成分の脂肪酸(今話題のオメガ3系デス‼️)EPA(エイコサペンタエン酸)と、DHA(ドコサヘキサエン酸)もタップリと‼️

③ミネラルと呼ばれる、カルシウム・マグネシウム・カリウム・鉄・カリウム・リン・セレンなどの無機質。

④ビタミンD ・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12

🌟日本人の泣き所、カルシウムの吸収率を上げてくれる、ビタミンDもいっしょにとれますよ。
🌟かつお節の栄養成分の中で、必須アミノ酸とセレンの含有量は全食品中、トップ10に入ります‼️

 
セレンは、聞きなれない栄養素ですが、抗酸化作用があり、老化防止・免疫力の向上・がんの発生や転移を抑える効能があります。(嬉しいですね❗️)

EPAは、抗炎症作用により、アトピーや、花粉症の症状を緩和する効果と、血液サラサラ効果があります。

DHAは、血液サラサラ効果に加えて、記憶力や学習能力の向上が期待出来ます

EPAやDHAは血液によって身体中に運ばれますが、脳に運ばれるのはDHAだけです。この事からDHAは、脳や神経系の機能を保つ働きを持っています。

かつお節の栄養成分の効果効能まとめ

1、血圧降下

2、疲労回復

3、新陳代謝促進

4、脂肪燃焼促進

5、骨が丈夫になる

6、アンチエイジング

7、リラックス効果(精神安定・安眠)

8、免疫力を高める

9、デトックス効果

10、血流を促す

11、脳細胞の活性化 (大人にも子供にも重要です‼️)

また、かつお節の栄養素は、ご飯などの穀類や、味噌・醤油などの豆製品との相乗効果も期待できるんです。

和食って、本当に素晴らしいですね‼️

お出汁をとった後の削り節で、ふりかけを作ってみませんか?

① 白ごまを香り良く乾煎りします、(焦げないように中火以下で❗️)香ばしくなったら、バットに移しておきます。

② 2番出汁をとった後の削り節をフライパンで乾煎りします。

👍 手で触って見て、パリッパリになり、ホロホロ崩れるようになるまで、頑張って‼️ ここで手抜きをすると、生臭いふりかけになってしまいます。

③ 酒・みりん(又は砂糖)・醤油を入れ、水分を飛ばしながら焦がさないように混ぜる。

🌟濃い味にしてしまうと、直せないのでので、薄味に仕上げるように気をつけてくださいね。

④味が決まったら、ゴマが入ったバットに入れて、混ぜ合わせて出来上がり♡

 
2番出汁をとった後の削り節にも、まだまだ栄養がたっぷり残っています‼️

かつお節は一度にたくさん食べるのもではありませんが、簡単にプラスできる名脇役です。

綺麗になるためには、食生活から
このブログが、日々の健康的な食生活のお役に立てますように♡

トロワサンクのコンセプトでもある『カラダの中から美しく』
今回は、かつお節=アミノ酸=アンチエイジングについて書いてみました。

美活部安喜

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です